2016.01.11 : Essay

青いカバ

かわいらしく少しユーモラスな青いカバ。レプリカをミュージアムショップで購入しました。古代の人々の想いが伝わる小さな置物です。

紀元前2000年頃制作の古代エジプトの陶器のカバは、墳墓から多数発見されています。諸説ありますが、カバは復活再生の守りだと考えられているようです。
古代エジプトでは青は、ナイル河の象徴、天空、水、生命の色と言われていました。ラピスラズリやターコイズはエジプトには鉱脈がなく希少鉱石で入手困難なため、古代エジプト人の優れた技術によりこれらに変わる人類最古の人口合成顔料を、孔雀石(マヤカイト)などの銅を含む鉱物から作りだしました。この青はエジプシャンブルーと呼ばれ、釉薬として陶器などに使われ、濃淡のある青を作りだしたとされています。
カバは出産と多産を連想されることから未来永劫の繁栄を祈り、青に染められたカバに生命の限りない誕生への願いを込め、来世への旅立ちの護衛とし共に埋葬されたのでしょう。

青いカバはルーブル美術館だけではなく、大英博物館では「ヒッポ」メトロポリタン美術館では「ウィリアム」、日本中近東センターの「ルリカ」などと名づけられ、様々な美術館や博物館で青いカバはマスコットになっています。

 

青いカバの置物の写真

2016.01.04 : Essay

あいしあお。

「あいしあお。」”ove one anoth” 最初のLと最後のer欠けた言葉ではじまる絵本「L’Heure bleue」。フランス語で「蒼い時」そしてThe blue hourの黄昏時。日が沈み青く染められたそのひと時に、旅をしている2匹の不思議な動物(双子のような犬のような獏のような…)が哲学的な対話をする物語。
静かで穏やかな時間が流れ、ひとり旅の自分との語らいのようでもあります。

たとえば

It is not the living, it is the being lived on.
「生きることじゃなくて、生きてもらうことが大事なんだ。」

夜を待つ黄昏時に、ウィングチェアから大きな窓越しにバルコニーの先を眺めつぶやいています。

“I must remember to write that, along with some other things, down.”
「そのひとこと、ほかのいくつかと一緒に 書き留めておかなくちゃ。」

ちょっとした会話でもあるし、ひとりごとのようでもあるし、旅先の脈絡のないつぶやきは、夜に近づく深淵のその前、センチメンタリズムやノスタルジアから言葉は意味深くさせます。白と黒そして青で描かれたこの絵本のその絶妙なバランスは、さらに多くのことを妄想させ空想の世界の旅へと導きます。
エドワード・ゴーリー(Edward Gorey)はシカゴ生まれの絵本作家。独自のモノクロームの線描による作画は繊細で幻想的、シニカルでそして不条理でシュール。奇妙で辛辣、残酷な話もあるけれど「生きてもらう」が描かれている大人の絵本です。

DSC07158-2

 

 

 

2016.01.01 : Essay

あたらしいわたしらしいこと。

A Happy New Year.
We wish you the best wishes of the this year .
Beautiful and shining for tomorrow.

blue Spiral

020-3

 

...678910

このページのトップへ