Archives

2016.05.20 : Essay, Hotel Time

ハワイアンスイーツ

ハワイ、ザ・カハラ・ホテルのベッドルームは、優しい甘さを含んだシックなコーディネート。海風にそよぐカーテンが居心地よさを醸し出しています。

カスタードクリームの壁、さりげなく飾られたシェルをアレンジしたアート、カフェオレ色のハワイアンキルトやマリンストライプのチェスト、ダークチョコレートのランプシェードの彩りがスウィートな時間を作ります。

b-Spiral_160514

2016.05.13 : Essay, Hotel Time

眩しい光の場所

初夏の陽射しに心弾む季節になりました。
すべての色が鮮やかに輝いて見えます。

ハワイ、ザ・カハラ・ホテル&リゾートのプライベートビーチから虹を見ました。
午後の穏やかな時間、砂浜のデッキで過ごす時間は宝物です。

7色の虹。
ニュートンが発表するまで、虹は「3色」または「5色」と考えられていました。5色の紫と青の間、黄と赤の間に、それぞれの中間色の「藍色」と「橙色」をいれ、虹は7色だと考えました。それは、ニュートンが虹は音階の音間に対応した7色であると捉えたことに始まる「赤・橙・黄・緑・青・藍・紫」の7色が虹の配色です。
今も世界の中では虹色は5色だったり6色だったり、3色、4色の国もあり国や地域あるいは時代によってさまざまな虹色の数の考え方があります。

ハワイの愛称は「Rainbow State 虹の州」。虹がシンボルになっています。ハワイは雨が多く、そして光が注がれ、毎日のようにたくさんの虹が現れます。
虹は光の束となって願いを運んでくれる、幸せの予感がします。

b-Spiral_160513

2016.04.21 : Essay, Hotel Time

木蘭と躑躅

ホテル ラ ペルーズのジュニアスイートはシンプルでありながら、黄褐色の木蘭色に近い黄橡(きつるばみ)と鮮やかなピンクの躑躅色(つつじいろ)がつくるインパクトのあるカラーコーディネイトです。

高めのヘッドボードはビロードで枠を設け、サテン生地に赤カバードボタンがリピートされています。シルクに柄生地、刺繍生地、リボンなど、様々な種類の生地が使われていますが、洗練された組合せになっています。
窓の外は午後の青空。柔らかい光が差込んでいます。

b-piral_160421

12345...

このページのトップへ